« December 2006 | Main | December 2008 »

January 27, 2007

校正のやり方

弊社では現在、印刷所にはデータをPDF形式でいれています。著者の方に校正をしていただくときには、PDF(もしくはInDesignのデータ)をこちらで印刷して送付するばあいと、PDFファイルをメールに添付して送信するばあいとがあります。いずれの場合でも、紙に印刷して赤字をいれていただいています(将来はかわるかもしれませんが、現在ではこの方法が一番良いと思います)。
この数年の傾向なのですが、ゲラへ赤字をいれるさい「もうすこし気を遣っていただけたらな」というケースが多く見受けられるようになりました。
たとえば、訂正指示が黒鉛筆と赤字と混在していることがあります。また、薄い黒鉛筆での訂正指示もちょくちょく見られます。ひき出し線を使わない訂正指示は頻出します。

編集者としてお願いしたいことは、「訂正の指示は簡潔に分かりやすく」ということです。黒鉛筆の使用はぜったいに避けてください。また訂正ページが少ない場合は(少なくなくても)、付箋をつけていただけると助かります。

校正のやり方は「標準 校正必携」(日本エディタースクール刊)に詳しくでていますが、文章を書かれる方はこの本を御手元におかれると、とても重宝すると思います。
ちなみに私の手元にあるのは昭和56年にでた第四版です。

| | Comments (1822) | TrackBack (0)

January 07, 2007

本年もよろしくお願いいたします

更新もしばらく途絶えていましいたが、本年もよろしく御贔屓のほどをお願いいたします。

さて、ことし最初に出版する書籍は芳賀学・菊池裕生著『仏のまなざし、読みかえられる自己:回心のミクロ社会学』(本体価格3400円)です。すでに昨年末にはでき上がっていたのですが、流通の関係上、書店にならぶのは1月中旬ころになると思います。
タイトルからすると、宗教関連の本のようですが、その通りです。といっても、宗教そのものを扱ったのではなく、真如苑という仏教系教団の若い信者にかんする長年のフィールドワークをまとめたものです。主に、真如苑で行われている弁論大会を取材しています。タイトルからも察することができると思いますが、「自己物語論」が大きな柱になっています。そちらに興味のある方も、エスノグラフィー全般に興味のある方も、ライフヒストリー研究に興味のある方にもオススメです。宗教社会学に関心ある方なら、ど真ん中ストライクです。
その他、何冊か進行中ですが、R.キサラ・山田真茂留・永井美紀子編著『信頼社会の行方』を続いて出版する予定です。

| | Comments (6441) | TrackBack (0)

« December 2006 | Main | December 2008 »